Uncategorized」カテゴリーアーカイブ

アメリカで保険無しの無保険車に追突されましたが・・・

アメリカ、カリフォルニア州で留学中、向こうで免許を取り運転を始めました。免許取得から1年ほど経った頃、運転中事故に巻き込まれました。

前の車が右折のウィンカーを出し止まったので、私も止まりました。対向車線には車が通っていたので、前の車は、しばらく車がいなくなるまで待っている状態でした。

ほんの10秒ほど経過したころ、突然後方からものすごい衝撃と音にとっさに「ぶつかられた!」と思いました。幸い玉突きは、私までで、私の前に停車していた車は気付かずにそのまま行ってしまいました。

取りあえず、ぶつかって来た車と一緒に道沿いのどこかのお店の駐車場に車を止めました。ぶつかってきた相手は、20代前半くらいの若者Mさんでした。

驚いた様子で私に、「何が起こったんだ?」と少し感情的になっていました。停車している私にぶつかって来たのは、明らかにMさんであるにもかかわらず、あたかも自分は何も悪くないという態度に、私は少し困惑しました。

相手の車の前のバンパーはへこみ、私の車のトランク部分とバンパーも見事にめっこりと食い込んだ状態になっていました。まだ、大学3年の小娘の私は事故の経験も無く、警察を呼ぶという頭が働きませんでした。

事故が起きたらお互いの車のナンバープレイと車両保険の情報を交換するということは知っていたので、相手の連絡先と保険の情報を聞き、保険会社に任せようと言う事になりました。警察を呼ばなかったのは、完全に私のミスでした。

すぐに、私は近くの保険会社に行き事情を説明したところ、これは完全に向こうの過失だから何も心配はいらないよっと保険のエージェントに言われました。

保険のエージェントに相手の保険会社に電話をしてもらったところ、Mさんの情報は無く、Mさん本人に聞こうと電話をしても電話は通じる事は無く、完全にしてやられました。相手は、保険無しで運転したようです。

保険のエージェントいわくアメリカでは、車両保険に入らずに違法で運転している人は現実のところ結構いるそうです。だからこそ、事故が起こった時はこじれないためにも必ず警察を呼ばなきゃダメなのよと言われました。

その後の修理は、自分の保険での支払いとなり、泣き寝入りという感じでとても悔しく苦い思い出です。まだ、私自身も未熟で完全にMさんペースで事故処理をさせてしまったことが、大きな後悔です。

アメリカでの事故ではアメリカ人はとても感情的になるかもしれません。それに圧倒されてしまってつい、冷静さを失ってしまいがちです。

そう言う時こそ、落ち着いて冷静にまずは、警察を呼ぶことを真っ先にした方が良いでしょう。相手があまりにも、感情的なっていると思ったら、車から出ず、車の中で警察を呼ぶ電話をまずしても良いと思います。

私の交通事故体験談をご紹介

私は免許が無いのに車を運転してました。何度かは、免許を取りに自動車学校に何度か行ったこともあります。

けど卒業がて来ませんでした。1回目の事故は、18歳の時です。知り合いから車検切れの車をもらったのでその車を乗って学校行ったりドライブしたり警察に追われてもバイクで友達が警察の相手をしてくれていたので捕まる事はないと思ってました。

ある日いつものように車で遊びに出掛けてた時のことです。ドライブで遠くまで行き 帰りはもう朝日が出始めた海岸沿いを走ってました。

長時間運転していた私は、つい居眠りをしてしまいそのまま海に落ちてしまい皆無事だったのですが車はそのまま海に沈んでしまい帰りは、ずぶ濡れの服で始発を待ち電車で帰りました。

田舎だったこともあり事故は誰にもばれずに終わりました。これが1回目の事故です。2回目の事故は20歳の時です。その日は、年が明け先輩たちと日の出と富士山を同時に観るため朝から先輩の車で走ってたのですが。

富士山から朝日が良く見える有名なスポットに近くなった時のことでした。一台の対向車が車線を外れ私たちの車と正面衝突をしてしまいました。

五台も巻き込む事故で原因は、飲酒運転と居眠りだそうです。僕は椅子の下に隠れてたお陰で無傷なのですが、先輩が4ヶ月の怪我をしてしまいました。その後車は弁償してもらい入院費、治療代は、いただいたのてすがあまりよろしくない年明けでした。

3回目の事故は24歳の時です。こと日は、確か季節は3月の北海道に彼女と旅行に行った時のことです。北海道に着きレンタカーを借りて彼女の運転でホテルに向かっている時に起きました。

途中休憩するためコンビニに寄り買い物が終わり車を出そうとした時に起きました。 この時北海度は3月でも雪が降っていて車を出そうとした時前からスリップしてくる車にぶつけられました。

原因は、ブラックアイスバーンだったそうです。北海道や寒いところでは良くあることらしいです。幸い相手の車はそんなにスピードは出ていませんでしたので車のバンパーの所が壊れたくらいですみました。

一様病院で二人とも見てもらい軽い打撲で終わりました。現場検証や事情聴取などで1日を無駄になってしまいホテルもキャンセルこの日は何しないまま新しく来たレンタカーで二人で車内泊をして次の日の朝からホテルにチェックインしたの覚えてます。

4回目の事故は、26歳の5月仕事終わりにお酒を飲み飲酒運転で帰ってた時です。後ろから覆面パトカーに止められそうになり慌てて逃げてしまいカーブで曲がれずにガードレールに突っ込んでしまいました。

単独事故だったのでまだ良かったのですがかなりスピードが出ていたため左手粉砕骨折をしてしまい1ヶ月入院、退院して4ヶ月たった今もリハビリと形成外科に通っています。

車が全損になった時に損をしないように気を付けるポイント

車が全損になった時は、いずれにしても車を処分することになりますが、その気を付けておかないと大きく損をしてしまうことがあるのです。

1.事故で全損だからと言って車両価値はゼロにはならない

事故で全損となり、車がぐちゃぐちゃになっていたとしても、落ち込む必要はありません。もう直せないくらい壊れていても、車全体が壊れているということはまずありません。車の前方が壊れていても、損傷を受けていない後ろ部分については、パーツとしての再利用が可能なのです。

例えば、自分が乗っている愛車のエンジンが損傷した場合、メーカーから新しいエンジンを取り寄せて修理するということはあり得ません。

なぜなら、新品エンジン単体での価格が高く、修理する方が高くつくからです。そこで、使われるのがリビルド部品や再生部品と呼ばれるパーツです。また、状態が良いものはそのまま中古エンジンとしても流通できます。

2.事故で全損でも海外に部品として輸出されている

日本の中古車は海外では飛ぶように売れています。ということは、現地でも補修用のパーツが必要になります。

というのも、日本から中古車として輸入した車のメンテナンスは、主に街中の重利業者が担うことになり、メーカーからの正規部品ではなく、日本からの部品が頼りになるのです。

日本では見かけないような車でも、海外ではまだ現役で走っています。ということはその車を直す部品は必要になるのです。こうして考えると、部品としての価値を考えてもある程度の相場での売却が可能です。

3.最悪でも資源の価値にはなる

重要なポイントですが、どれだけ壊れていても、自動車には最低でも資源分の価値はあります。

つまり、自動車からとれる鉄やアルミ、希少な金属は資源の価値があるのです。事故を起こした場合は、冷静になって最悪でも資源の価値にはなることを認識するべきです。

4.自動車税や自賠責保険にも注目

自分の愛車を売る時に、気を付けるのは、自動車税や自賠責保険などが付帯していることです。これらの費用については、年度や車検の残りの期間分をすでに自分が払っているのですから、廃車にする時の正当な残りの対価を返してもらうのが原則となります。

つまり、自動車税や自賠責保険の残り月数の概算金額を計算すれば、数万円分となることが考えられるため、相手の話を鵜呑みにはせず、買取業者ともよく相談することが重要です。これだけ考えても、ゼロにはならないことが分かると思います。

交通事故で車が全損になった際に交渉で大幅に金額をUPする方法!

自賠責保険と任意保険の違いって?!

みなさん、自動車を運転していて事故をしてしまったことはありますか?

毎日クルマに乗る方も、1週間に1回クルマに乗る方も、いろんな方がいらっしゃると思いますが、特に1週間に1回しかクルマに乗らない方は事故してしまった方は少ないと思います。

ではもし事故を起こしてしまったとき、あなたはまず何をしますか?車同士の事故なら、まずクルマから降りて相手のところへ行き、「けがはないですか?」と聞いて、次にはどうしますか?そうです、警察に電話しますよね?

そして警察が来て、現場検証をして、去っていきます。警察は基本的に現場検証をするだけです。さあ次にどうしますか?わかりますか?答えは「保険会社に連絡する」です。

ほとんどの方はクルマのダッシュボードの中に車検証などと一緒にクルマの保険証が入っているはずです。

では電話をかけましょう、あれ?2つ保険証書が入ってる!一つは「自動車賠償責任保険」いわゆる「自賠責保険」もう一つは「自動車保険証書」こちらは別名任意保険、あまり覚えていない方がほとんどかと思いますが、自動車の保険は2種類あります。

まず自賠責保険は別名「強制保険」と呼ばれ文字通り自動車に乗る以上どうしても必ず加入しなければいけない保険です。この「自賠責保険」は「事故をした際に相手のけがの治療費を補償する」保険です。

自動車事故の場合、けがをしたなら、重症になる可能性が高いです。そうなれば病院での治療の費用はとても高くなります。

ですので、この保険は「相手のけがに関する費用はまかせとけ!」という保険です、そしてもう一つの「任意保険」とは契約内容によりますが基本的に「相手のけが、相手のクルマの修理費用、自分のけが、自分の車の修理費用、同乗者のけがの費用を補償する」保険です。

簡単に言えば「事故に関するほとんどの費用をカバーできる保険」となります。そして事故を起こしてしまった時に、どちらの保険に連絡すればよいのか?正解は「任意保険」の保険会社です。なぜなのか?

それは「任意保険の会社が、自賠責保険の手続きが必要な場合も一緒に手続きを代行してくれる」からです。

一般的に事故を起こした場合、「相手がけがしている、自分のクルマは無傷、相手のクルマも無傷」という事はほぼありえません。

クルマにもなにかしら損傷は出るはずです。そういった場合自賠責保険は先ほど説明したとおり「相手のけが」のみ使える保険なので、使う必要がなくなります。そんなのどっちでもいいんじゃないの?と思われる方もいらっしゃるでしょうが、実際に事故が起きた際は一分一秒を争います。

クルマが動かなければレッカーも呼ばなくてはいけません。そのような状況で、自賠責の会社に電話して、「任意保険の会社に電話してください」と言われれば、それだけ時間がかかってしまいます。

道路の真ん中で事故している場合は後ろがつかえて渋滞になるかもしれません。ですのでみなさん「自賠責保険」と「任意保険」の違いを理解して、事故した場合は「任意保険会社に電話する」と覚えておいてください。絶対に存しない知識ですよ!

ある日、立体駐車場にて停止中の車にぶつけてしまいました

1.事故を起こした

立体駐車場に駐めて買い物をしよう!と思い立ち出かけました。駐車場に停めて小さな買い物をしました。帰り道、車を移動しようとして停まっている車にぶつけてしまいました。青ざめました。

スローモーションのようにぶつかるところがゆっくり見えました。あっ!ぶつかる大変だ!と思うのですが、動きを変えられませんでした。黙ってぶつかるのを見ていたような心持ちでした。

ずれてしまったら車がぶつかってしまう!と驚愕するようなこととしてタイヤの線がズレている大回りすぎると思いました。

2.保険屋に電話

トヨタのクラウンに乗っていました。ぶつけて事故を起こしてしまった!と思い、父に電話しました。どうしたらいいか?電話で聞きました。保険の証書が入っている場所を聞き、保険屋に電話するように!という話をして電話を切りました。

保険屋に電話してみると、手際もよく手馴れていたので安心しました。事故が起きた時、焦ってしまっては大変です。一人で運転していたので、電話をして対処すべきことを聞きました。

店の人にぶつけてしまった車の持ち主について、調べてもらい電話をしました。事故の証明書のような用紙ではありませんでしたが、事故の証明は店の人がしました。

3.保険屋

すっかり保険屋に任せて仕舞えば、修理代金も保険が効き安心でした。トラブルの時に安心できる保険に入っていてよかったと思うものです。電話を数度やり取りするだけで、安心対応だったので良かった!と胸をなでおろしたものです。

駐車場で人気バンドが歌っているDVDを見ました。見たことのあるスーパーマーケットの地下駐車場で歌っているではありませんか!運転一つ、車を乗り回すことで続いていたものか、そんな小さいとは言っても事故で切れました。

免許を取った18歳の時から随分続いてきたものではありませんか!保険を使わないと戻って来ない!と思うことはありました。が、結果良いわけもありません。車を乗るときね特別な感じは無くしたくないなと思っています。

結婚して、助手席にいつも乗るから変わったんだよ!という感じで良かったとも思うのですが。

駐車場にて歌を歌うシンガーは、そんな途切れたポイントで犯人扱いされ警官に取り囲まれ、それでも歌っている!というDVDです。

警官がピストルを突きつけていたのが、次第に宴会ノリで一緒に歌い始めるのですが、信じられていた日本のある光景は今でも安全なのでしょうか?